高価買取出来る着物の特徴とは?!

Pocket

佐助

こんにちは!着物買取習い塾いかりや、塾長の佐助です!

購入した時はすごく高価だった着物も・・殆どがすごく安く買取されてしまうと聞いたけど

自分が持っている着物も安くなってしまうのかしら・・

と不安に思われている方は多いのではないでしょうか?

確かに、着物の買取はその大半が購入金額よりも大分安く買取される事が殆どです。

どうしても高く売りたければオークション等に出して自分で売るしかないのですが

僕のような着物の素人が、オークションに出して高く売るというのははっきり言って至難の業です。

そうは言っても、買取に出してもそれなりのお値段(1万円~数十万円)する着物が存在するのも事実

そこで、今回は、どのような着物が高く取引されるのか?そんな着物の特徴について

説明していきたいと思います。

下記に当てはまる着物があって、もう着ない、大して思い入れもないという事であれば即、査定を依頼しまししょう!

 

高価買取される着物の特徴

では、どのような着物が高価買取されるのか、その特徴を簡単にお伝えいたします

高価買取される着物の特徴1・生産数が少なく希少価値が高い着物

生産数が少なく、希少価値の高い着物は、以下の通りになります。

例えば、日本三大紬と言われている、牛首紬、結城紬、大島紬などは価格が高いとされていますが

大島紬は、生産地が奄美大島以外の物であったり、紺色や黒色のオーソドックスなものですと

価格はとても低いので注意が必要です。

紬に関しては、信州紬や塩沢紬なども希少価値が高いとされています。

また上記以外にも国の重要無形文化財に指定されている着物は

高値で査定されることが多いです。

高価買取される着物の特徴2・人間国宝作家や有名作家の製作した着物

国の重要無形文化財保持者の事を人間国宝と呼んでいます。

この、人間国宝と言われる方の着物ははっきり言って高値がつきます。

一概には言えませんが状態が悪くても、最低1万円から査定される事が多いです。

人間国宝については、こちらのページで詳しく紹介されていますので

該当する作家さんの着物を持っているのであればぜひ査定を依頼しましょう!

日本工芸会 人間国宝紹介

また、人間国宝でなくても久保田一竹など、世界で個展を開いているような作家の着物は

高く買取される傾向があります。

高価買取される着物の特徴3・訪問着、付下げは高く買取される事が多い

基本的に年齢を問わず様々な場面で着る事が出来る訪問着、付下げは

ノーブランドだったり、作家名が分からなくても高値で買取される可能性が高いです。

ノーブランドでも数千円する事もあるので、訪問着が一着でもあれば査定をしてもらうべきです。

また、振袖も袖を切って訪問着に仕立て直せるようなデザインのものでしたら高値がつく事があります。

高く売れる着物の種類を順番に列挙していくと

訪問着>付下げ>振袖>留袖>小紋(紬も含む)

と行ったところでしょうか

ちなみに、化繊(ポリエステル)の着物やウールの着物は値段が付かない事が殆どです。

着物は正絹であることが最低条件です。

そうはいっても、実際に見てもらわないとはっきりとした査定金額はわからない

しかし、どんなに高値で売れる着物を持っていたとしても

その着物の保存状態や裄、身丈などのサイズなどを実際に見てみないと

はっきりと「高値で売れる」とは言い切れません。

買い取らなくてもまずは査定の依頼をしてみるのがいいですよ。

数ある着物の買取業者でも特によかったのがスピード買取.jp です。

査定だけでも、依頼してから即日~翌日には来てくれますし

親切丁寧に対応してくれて、キャンセルもしやすかったですよ!

条件によっては、値段のつかない着物でもまとめて持って行ってくれるケースもありますし

自分の持っている着物の価値を知りたい!と言う場合でも

快く査定してくれますので、とてもオススメです

>>スピード買取着物買取キャンペーンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です